シミトリーの主成分「フラバンジェノール」は、抗酸化作用に優れた成分として注目されています。

抗酸化作用といえばエイジングケア、年齢肌の悩みが年々増えてしまう女性にとっては、どうしても注目してしまいますよね。

フラバンジェノールは抗酸化作用がすごい

フラバンジェノール 抗酸化

フラバンジェノールが高い抗酸化作用を持っていることは、研究や学会発表などでも明らかになっています。

抗酸化作用の高い成分は、エイジングケア化粧品などに使用されています。よく耳にするところでは「ビタミンC」や「コエンザイムQ10」などがあります。

フラバンジェノールに秘められた抗酸化作用は、このビタミンCやコエンザイムQ10をはるかにしのぐ研究結果が報告されているんです。

フラバンジェノール 抗酸化

 

シミトリーと同じくフォーマルクラインから販売される「フラバンジェノール化粧品」の説明を見てみると、フラバンジェノールの抗酸化作用は「ビタミンCの約600倍」「コエンザイムQ10の約250倍」と記載されています。

フラバンジェノール 抗酸化

この桁違いの数値をみれば、フラバンジェノールがいかに抗酸化作用に優れた成分だということが分かりますよね。

注意:あくまで成分での比較です。シミトリーの効果を保証するものではありません

シミトリーは全成分表示から確認できるように、フラバンジェノールを高濃度で配合しています。年齢を重ねた肌の悩みには効果を発揮してくれると思いますよ。

抗酸化作用が注目されている理由

抗酸化作用は、活性酸素から人間の体を守る作用のことです。

私たち人間の体は酸素を使ってエネルギーを作り出すことができるのですが、このときに活性酸素が発生してしまいます。

活性酸素は肌の老化を促進させ、しみ、シワができる原因になりますし、生活習慣病にも影響するというやっかいな成分なんですね。

もし「若々しい肌をキープしたい」と考えたとしたら、活性酸素を減らすスキンケアが効果的ということ。抗酸化作用の高いフラバンジェノールが注目されている理由がここにあるわけです。

フラバンジェノール以外で活性酸素を減らす方法

抗酸化作用にすぐれたフラバンジェノールを高濃度で配合しているシミトリー。個人的にはエイジングケア目的でシミトリーを使用するのは正解だと思います。

でも肌の老化を促進させる活性酸素は、生活習慣の乱れでも増えてしまいます。できればシミトリーだけに頼らず、生活習慣を見直すことでも活性酸素を減らしていきたいところです。

では活性酸素を減らすためにどう行動すればいいのか、5つの方法をまとめてみました。

【1】紫外線対策を欠かさない

活性酸素を減らすための基本は、紫外線対策を欠かさないことです。

シミ、シワが増える主な原因は、紫外線を浴びることで皮膚細胞に活性酸素が生成されることです。

日中外出するときには、帽子、日傘、日焼け止めなど、できるだけ紫外線を浴びないように対策しましょう。洗濯物を干すなど短時間でも油断は禁物です。

【2】喫煙を控える・やめる

活性酸素はタバコの煙にも含まれるので、喫煙習慣のある人は喫煙を控えた方がいいでしょう。

さらに喫煙はコラーゲンの生成を妨げたり、血流が悪くなるため、肌の老化を早める原因といわれています。

美肌にとってタバコは百害あって一利なし。喫煙習慣がある人は思い切って禁煙に挑戦してみてはいかがでしょうか。

喫煙習慣がなくても、身近な人が喫煙している場合は要注意です。少し距離をとるなどして有害物質を浴びないようにしましょう。

【3】お酒を飲み過ぎない

女性だってお酒が大好き、晩酌は欠かさないという女性も多いと思います。ただし飲み過ぎは活性酸素の原因になるのでご注意を。

アルコールを肝臓で分解されるときに活性酸素が発生してしまうので、お酒の量が増えれば増えるほど活性酸素が生成されます。

適度なお酒はそれほど影響ありませんが、お酒を飲む量が多い人は注意してください。

【4】軽めの運動を心掛ける

健康のために運動することはいいことですが、活性酸素を減らすことを考えると軽めの運動を取り入れた方がベターです。

マラソンのように息が苦しくなるような激しい運動は、呼吸量が多くなるため活性酸素が大量に発生してしまいます。

反対にヨガやウォーキングのような軽めの運動は、抗酸化酵素の働きが活発になり、体の酸化を抑えてくれます。

【5】ストレスを解消してあげる

現代人の多くが抱えているストレスも活性酸素を増加させる原因のひとつです。

ストレスを感じると血流が悪くなり、これを回復させるときに活性酸素が発生します。強いストレスを感じている人ほど活性酸素が大量に発生するので、ストレス解消がいかに大切か分かりますよね。

ストレスを感じずに生活していくことは難しいことですが、趣味や適度な運動などでストレスを軽減することはできます。自分に合ったストレス解消法を見つけてストレス解消を心掛けてください。

まとめ

フラバンジェノールの抗酸化作用、活性酸素を減らす生活習慣について紹介しました。

シミトリーのようなフラバンジェノールを配合したスキンケアで活性酸素を減らすことは期待できますが、同時に生活習慣を見直すことも効果的です。

喫煙や飲酒の習慣がある人には耳の痛い話になりますが、何年か先の若々しい肌のために生活習慣を見直してみてはいかがでしょうか。

フラバンジェノール配合 シミトリー の詳細はこちら