妊娠はシミができてしまう原因のひとつ。

でもシミトリーは医薬部外品ということもあって、妊娠中、授乳中に使用できるのか不安を感じている人も多いようです。

どんなに美白効果に優れていても、妊娠中や授乳中は赤ちゃんに悪影響を与えるものはできるだけ避けたいですからね。

シミトリーは妊娠中や授乳中に使用しても問題ない商品なのか、この疑問を解決するために直接販売元に確認してみました。

シミトリーは妊娠中・授乳中に使用しても問題ありません

シミトリー 妊娠中

結論からお伝えすると、シミトリーには赤ちゃんに悪影響を及ぼすような成分は配合されていないので、基本的には妊娠中、授乳中の使用も問題ないそうです。

「シミトリーは妊娠中や授乳中に使用しても問題ないのでしょうか?」という質問に対して、販売元フォーマルクラインからの回答は下記の通りです。

シミトリーには皮膚下への強い影響のある成分は使用しておらず、お肌にやさしい成分配合となっておりますので、妊娠中、授乳中のご使用も問題はございません。

しかしながら、やはり妊娠中は体調が変化しやすく、お体の状態も普段とは違い敏感になりますので、念のため担当医師等にご相談の上でのご検討をおすすめしております。

引用:フォーマルクラインからの回答

 

このようにとても丁寧な回答をいただきました。

妊娠中や授乳中にシミトリーを使用したからといって、赤ちゃんに悪影響を及ぼす心配はなさそうですね。

ただ、妊娠中は肌がデリケートになりやすく、人によってはいつも使っているスキンケアが肌に合わなくなる人もいます。シミトリーを使用することで肌に異常が出ないかという点は気をつけた方がよさそうです。

もし肌への影響が心配という人は、念のため担当のお医者さんに相談してから使用しましょう。

シミトリーだけじゃ足りない?妊娠中のシミ対策

妊娠中はホルモンバランスが乱れやすく、シミやそばかすが増えやすい肌状態になります。

妊娠によって「プロゲステロン」という女性ホルモンが増加すると、シミの原因になるメラノサイトの働きが活発になってきます。このため妊娠中は少し紫外線を浴びただけでもシミができやすくなるんです。

赤ちゃんが生まれてホルモンバランスが整ってくると、肌の状態も落ち着いてくる人がほとんどですが、中には出産後もシミがそのまま残ってしまう人もいます。

産後のシミを予防するためにはシミトリーだけでは万全とはいえません。妊娠中のシミケアに有効とされている3つの対策を紹介するのでぜひ参考にしてください。

【1】紫外線対策を欠かさない

妊娠中の肌はいつもより紫外線の影響を受けやすくなるので、紫外線対策は基本中の基本と考えてください。

シミを増やさないためには、日傘や帽子、場合によっては日焼け止めクリームを使うなど徹底的に紫外線対策を行いましょう。

【2】ビタミンA、ビタミンCの摂取を心掛ける

ビタミンA、ビタミンCはシミケアに効果的といわれる成分です。毎日の食事からビタミンAやビタミンCを摂取するように心掛けましょう。

ちなみにビタミンAには新陳代謝を活発にする作用が、ビタミンCにはメラニンの生成を抑制する作用があるとされています。

【3】スキンケアを欠かさない

妊娠中はスキンケアをお休みする人もおおいですが、シミができにくい健康な肌状態を保つためには、日々のスキンケアで肌を整えてあげるのも忘れないでください。

妊娠中は肌がデリケートな状態になる人が多いので、肌に負担を掛けにくい低刺激なスキンケアを選びましょう。

シミトリーは敏感肌の人でも使えるほど肌に優しい成分配合なので、「肌に負担を掛けないスキンケア」という意味でもピッタリの商品です。

妊娠中や授乳中に使用しても大丈夫ということなので安心して使えますね。

妊娠中・産後のシミ対策にも!シミトリーの詳細はこちら