シミトリーの公式サイトでも紹介されている「浸透持続型ビタミンC誘導体」。

ビタミンCは昔から美肌に効果的といわれていますが、浸透持続型ビタミンC誘導体はビタミンCとどう違うのでしょうか?

この記事では、浸透持続型ビタミンC誘導体の特徴や美容効果に注目してみたいと思います。

浸透持続型ビタミンC誘導体とビタミンCの違い

ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体の特徴は、普通のビタミンCと比べて安定性が高いという点です。

ビタミンCは美肌や美白に効果的な成分なのはご存知かと思いますが、安定性が低く酸素や空気と反応するとすぐに分解されてしまう性質があります。また肌に浸透しにくいという欠点もあるんですね。

そこで、ビタミンCの効果はそのままに、欠点だけを補うように開発されたものがビタミンC誘導体です。浸透持続型ビタミンC誘導体は浸透力に優れているだけでなく、その効果が持続するという特徴があります。

ちなみに浸透持続型ビタミンC誘導体の安定性については、粉末の状態で3ヶ月ほど効果を保つことができるといわれています。

ビタミンCに比べてロスが少ない

浸透持続型ビタミンC誘導体は、少しずつ分解されて血液中に流れていくので、通常のビタミンCと比較すると3~6倍も長く血液中にとどまることができるといわれています。

血液中に長くとどまることができるということは、頻繁に摂取する必要がないということになりますね。

ビタミンCの場合は一度に大量摂取しても、一定以上の濃度になると尿として体外に排出されてしまうので、ロスがとても多いんですね。

これに対し、浸透持続型ビタミンC誘導体は血液中に長くとどまることができるので、頻繁に摂取する必要がないということです。

浸透持続型ビタミンC誘導体の美容効果は?

気になる浸透持続性ビタミンC誘導体の美容効果ですが、ビタミンCと同じような効果がそのまま期待できます。

ビタミンCで期待できる美容効果

  • コラーゲンの生成を促し、肌にハリや弾力を与える
  • メラニンの還元・生成抑制効果による、日焼け後の肌ケア
  • ニキビや肌荒れの改善・予防
  • 若々しい肌作りのサポート

 

浸透持続型ビタミンC誘導体は、これらのビタミンCの美容効果はそのままに、より浸透性・持続性がアップしています。

さらにはビタミンCより抗酸化作用に優れているので、より高いエイジングケア効果が期待できると考えられています。

 

美肌にいいとされる成分は数多くありますが、ビタミンCは誰もが知っている代表格ともいえる成分です。

そのビタミンCがさらに進化(?)したともいえる浸透持続型ビタミンC誘導体は、大人の女性にとって至れりつくせり美肌成分といえるのではないでしょうか。

まとめ

浸透持続型ビタミンC誘導体は、肌に浸透しやすく、いろいろな美容効果が期待できることがお分かりいただけたと思います。

ビタミンCの美肌効果を残しつつ、デメリット解消に成功した浸透持続型ビタミンC誘導体は、毎日のスキンケアに取り入れていきたい成分ですね。

2種類のビタミンC誘導体を配合したシミトリーを使用した感想は、下記のページでも紹介しています。

⇒ シミトリー(SimiTRY)の口コミまとめ 実際に使ってみた感想も紹介します