「シミ」ときくと顔のシミが一番に思い浮かびますが、腕のシミが気になる人も結構いらっしゃるそうです。

夏場の気温が上がる季節がやってくると、肌の露出が多い服装になってきますが、ふと目をやると腕に点々としたシミが・・・

普段はあまり気にしていなかった腕や肩、いつのまにかできてしまったシミに愕然とすることはありませんか?

顔ほど気にならないものの、腕も年齢を感じさせるパーツのひとつです。できればしっかりスキンケアをして若々しさを保ちたいところ。

もし腕のシミに悩んでいるなら、シミトリーを使ってスキンケアをはじめましょう。

シミトリーを使った「腕のシミケア」

腕のシミ

シミトリーのシミケアは、新しいシミを予防しながら、ターンオーバーを促進させてメラニンの色素沈着も薄くするというものです。

徐々にシミが目立たなくなっていくイメージなので、ある程度の期間(3ヶ月以上)を掛けて、じっくりケアしていきましょう。

腕のシミケアも、顔のシミと同じように1日2回を目安に使用すればOK。夜はお風呂上がりの肌が乾燥する前に使用するのがおすすめです。

朝はお風呂に入る人も少ないと思いますので、顔にシミトリーを塗るタイミングで、腕にも塗ってしまえば簡単ですね。

日中は紫外線対策をするのがベター

シミトリーに配合されている美白有効成分「アルブチン」には、シミやくすみを予防する作用があります。

でも、日中よく外出するという人は、手のシミが気になる部分には紫外線対策をした方がいいでしょう。

日焼け止めクリームを塗ったり、肌を露出しない長袖の服を着て、できるだけ紫外線を防ぐように心掛けてください。

腕のシミはなぜできるの?原因はこれ!

腕のシミも顔と同じように、日焼けやケガの跡に色素沈着することでシミになってしまいます。

結局のところ、ターンオーバーが正常に行われていないことが主な原因なんです。

若い頃は、ターンオーバーでどんどん新しい皮膚に生まれ変わってくれます。でも年齢を重ねるに連れ、ターンオーバーに時間を要したり、睡眠不足や食生活の乱れなどで、シミができやすい肌状態になってしまいます。

ターンオーバー周期の目安

  • 10代 ⇒ 約20日
  • 20代 ⇒ 約28日
  • 30代 ⇒ 約40日
  • 40代 ⇒ 約55日
  • 50代 ⇒ 約75日
  • 60代 ⇒ 約90日

 

上記はターンオーバー周期の目安ですが、対象は「顔」です。

普段スキンケアをしていない腕などは、もう少しターンオーバー周期が長いと考えなければなりません。

腕のシミを改善したり、予防するためには、肌の状態を整えてターンオーバーを正常化することがポイントです。

まとめ

シミトリーで腕のシミをケアする場合も、顔と同様に使用すればOKです。ただし、腕は顔に比べてターンオーバー周期が長いケースが多いので、気長にケアしていきましょう。