ビタミンC誘導体は、エイジングケアを目的とした化粧品には欠かせない成分。

特にビタミンC誘導体化粧水などは、美白作用、抗酸化作用、抗炎症作用をはじめ、いろいろなエイジングケア効果が期待できることから、愛用者も増加傾向にあるそうです。

いいことばかりのようなビタミンC誘導体ですが、中には「乾燥が気になる」という声もあります。

  • ビタミンC誘導体の化粧水を使った後は肌が乾燥してしまう・・・
  • ビタミンC誘導体の効果は魅力だけど、保湿は期待できないみたい・・・

この記事では、ビタミンC誘導体が乾燥肌や乾燥対策に使えるのかという点にスポットを当ててみたいと思います。

ビタミンC誘導体は乾燥肌対策や保湿には向かないの?

ビタミンC誘導体 乾燥

いろいろな美容効果を持つ「ビタミンC誘導体」ですが、実は保湿力はほぼありません。このためビタミンC誘導体では、乾燥肌対策や保湿ケアはできないといっていいでしょう。

さらにビタミンC誘導体には皮脂分泌を抑える作用もあるので、むしろ肌を乾燥させたり、乾燥肌を悪化させるリスクがあります。

肌が乾燥しがちの人、乾燥肌が深刻な人は、高濃度のビタミンC誘導体化粧水を使用するのは避けた方が安心です。できれば濃度の低い商品を選びましょう。

ビタミンC誘導体化粧水の後にはしっかり保湿すること

肌が乾燥してしまうからといって、敏感肌にビタミンC誘導体化粧水を使用がNGというわけではありません。もし肌が乾燥するのであれば、他の美容成分でしっかり保湿することができれば問題ないわけです。

ビタミンC誘導体化粧水を選ぶときは、ヒアルロン酸、コラーゲン、グリセリン、アミノ酸、プロテオグリカンなど、水溶性の保湿成分がしっかりと配合されている商品を選ぶようにしましょう。

それでも肌が乾燥するようであれば、美容液や保湿クリームなどで、油溶性保湿成分を補ってあげてください。

ビタミンC誘導体の美肌効果

ビタミンC誘導体は保湿、エイジングケアに効果的な作用が期待できます。

ビタミンC誘導体で期待できる主な美容効果

  • シミやくすみへの美白効果
  • 顔・目の下などのたるみケア
  • 毛穴の開き・黒ずみケア
  • 皮脂分泌の抑制
  • コラーゲンを増やす効果
  • 抗酸化作用
  • ターンオーバーの正常化

 

せっかくこのような美容効果があるのに、ビタミンC誘導体を使わない理由はありません。でも、ビタミンC誘導体を使うことで肌が乾燥してしまっては、せっかくの美容効果も半減してしまいます。

ビタミンC誘導体化粧水を使用するときは、別の成分やアイテムでしっかりと保湿することを心掛けてください。

まとめ

「ビタミンC誘導体」という成分は、肌の保湿や乾燥肌対策には向きません。でも、他の保湿成分と一緒に使えばエイジングケアにはとても効果的な成分です。

ビタミンC誘導体化粧水を使う場合は、保湿成分がしっかりと配合しているものを使用するか、美容液やクリームで保湿してあげるようにしましょう。

ビタミンC誘導体の特徴をしっかり理解して、日々のスキンケアに役立ててくださいね。