ビタミンC誘導体には「皮脂抑制効果」があり、ニキビ予防や顔のテカリを抑える作用があります。

ニキビの原因のひとつに皮脂の過剰分泌があげられます。特に脂性肌の人は、大人ニキビに悩まされることも少なくないでしょう。

ビタミンC誘導体には「皮脂抑制効果」があり、ニキビ予防や顔のテカリを予防できることをご存知でしょうか。

皮脂の過剰分泌や、繰り返す大人ニキビに悩む女性の救世主、ビタミンC誘導体の皮脂抑制効果に注目してみます。

ビタミンC誘導体の皮脂分泌抑制効果に注目

シミトリー ニキビ

ビタミンC誘導体は「イソフラボン」と並び、顔の皮脂分泌を抑制する優れた有効成分です。

皮脂分泌抑制効果だけならイソフラボンに軍配が上がりますが、様々なエイジングケア作用が期待できるビタミンC誘導体の方が、スキンケア成分としては重宝されています。

高濃度のビタミンC誘導体化粧水を使うと「肌が乾燥する」と感じる人がいますが、これはビタミンC誘導体の皮脂分泌抑制効果が影響しています。

ニキビの原因は皮脂の過剰分泌だけでなく、肌のうるおい不足も原因のひとつですから、ビタミンC誘導体で皮脂の分泌を抑えながら、他の保湿成分で肌にうるおいを与える必要があります。

ビタミンC誘導体と保湿成分が配合された化粧品なら、毎日のスキンケアでニキビ予防やテカリ予防をすることができます。

ビタミンC誘導体の中でもニキビケアに効果的なのは「APPS」

「ビタミンC誘導体」にはいくつか種類あり、それぞれ肌への浸透率や効果が異なります。その中でもっとも効果が高いといわれているのが「APPS(別名アプレシエ)」です。

APPS以外のビタミンC誘導体は、下記のどちらかに分類されます。

  • 水になじむ「水溶性ビタミンC誘導体」
  • 油になじむ「脂溶性ビタミンC誘導体」

 

これに対しAPPSは、水溶性と脂溶性を併せ持つ「両性ビタミンC誘導体」なので、浸透率は他のビタミンC誘導体の数十倍といわれているんです。

効果的なニキビケアを目的とするならば、ビタミンC誘導体の中でもAPPSを選ぶのがおすすめです。

APPSが配合されているか確認する方法

「ビタミンC誘導体=APPS」と勘違いしている人も多いようですが、ビタミンC誘導体にもいろいろな種類があります。

APPSが配合されているかどうかは、全成分表示に「パルミチン酸アスコルビンリン酸3Na」が記載されているかを確認してください。

一般的にはAPPSと呼ばれていますが、全成分表示には正式名称の「パルミチン酸アスコルビンリン酸3Na」と記載されます。記載があれば確実にAPPSが配合されているので、購入する前に必ずチェックしてください。

まとめ

ビタミンC誘導体にはすぐれた皮脂分泌抑制効果があり、毎日のスキンケアに使用すればニキビ予防やテカリ防止に役立ちます。

注意点としては、ビタミンC誘導体を使用することで肌が乾燥する人もいるので、並行してしっかり保湿してあげることを忘れないでください。