「フラバンジェノールはシミケアにも効果的な成分」といわれていますが、その理由を知っていますか?

実際に調べてみたところ、フラバンジェノールという成分がシミに作用するという確かな研究報告がありました。

この記事では、フラバンジェノールとシミの関係について紹介していきます。

フラバンジェノールがシミに効果的とされる3つの作用

シミトリー シミ

【1】活性酸素を抑制する作用がある

シミ、くすみができてしまう原因はいろいろありますが、一番の原因は「活性酸素」と考えられています。

フラバンジェノールで注目すべきは、活性酸素を抑える「抗酸化作用」にとても優れた成分ということなんです。

肌に紫外線を浴びることで活性酸素は増加してしまいます。活性酸素が増えるとメラニンの増加を促進させてしまい、これがシミやくすみが増える原因になるわけです。

もともと活性酸素は刺激などから肌を守るために必要なもの。でも過剰に増えすぎてしまうとシミ、くすみ、シワなど、あらゆる老化現象の原因になってしまいます。

つまり活性酸素を減らすことが、シミを予防するポイントになってきますよね。

ではフラバンジェノールの抗酸化作用はどれくらい期待できるのか。これは他の成分と比較するとよく分かります。

 

フラバンジェノール 抗酸化

 

一般的に抗酸化作用のある美容成分は「ビタミンC誘導体」「ビタミンE」「コエンザイムQ10」などが有名ですよね。

フラバンジェノールの抗酸化作用というとビタミンCの約600倍、コエンザイムQ10の約250倍といわれているんです。まさに桁違いの抗酸化作用を持っているんです!

【2】シミ・くすみを改善する作用が確認されている

フラバンジェノールについては多くの研究結果が発表されていますが、その中には「チロシナーゼを阻害し、メラニンの生成を抑制する」という作用が報告されています。

シミやくすみを改善するためには、その原因となるメラニンの生成を抑えるのが効果的と考えられています。フラバンジェノールは、その作用が期待できる成分ということですね。

この他にも、フラバンジェノールにはシミやくすみを改善する作用も確認されており、学会発表などで明らかになっています。

【3】保湿作用にすぐれ、ターンオーバー促進が期待できる

フラバンジェノールには、肌の保湿には欠かせない「コラーゲンの生成を促進する」作用があります。この保湿作用のすばらしさも、フラバンジェノールが注目される理由のひとつです。

スキンケアの基本は「保湿」といわれる通り、肌が乾燥するといろいろな肌トラブルの原因になります。もちろん、ターンオーバーの乱れも例外ではありません。

年齢を重ねるにつれ、肌のコラーゲンは減少していきます。コラーゲンが減少した肌は、うるおいやハリがなくなり、ターンオーバー周期も乱れがちになります。

毎日のスキンケアにフラバンジェノールを取り入れることで、コラーゲンの生成が促進されれば、自ずとターンオーバーも正常に戻ります。

ターンオーバーが活発になると、シミを含んだ細胞もどんどん体外に排出されるようになるので、当然シミやくすみの悩みも減るはずですよね。

まとめ

フラバンジェノールがシミケアに効果的といわれる3つの作用について詳しく紹介しました。

シミを改善する作用、シミを予防する作用が期待できるので、フラバンジェノール配合の化粧品愛用者の口コミでは「肌に透明感が出てきた」という感想が多く見受けられます。

「フラバンジェノール」は30代以上の女性にとっては注目の成分になりそうですね。